(朝鮮日報日本語版) 文在寅大統領支持率3週続落69%=韓国ギャラップ(朝鮮日報日本語版)



 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が3週連続で下落し、ついに60%台になった。世論調査会社・韓国ギャラップが15日に発表した世論調査の結果によると、文大統領の支持率は69%で、先週に比べて3ポイント下落した。これに対して不支持は先週よりも3ポイント高い23%だった。文大統領の支持率がギャラップの調査で60%台にまで落ち込んだのは今回がはじめて。先月4週目の支持率は79%だったので、ここ3週間で10ポイントも落ち込んだことになる。

 支持率の下落幅を年齢別にみると60代以上が12ポイントと最も多く、地域別では釜山・蔚山・慶尚南道が7ポイントと最も大きかった。保守的な傾向の強い有権者や地域での下落幅が大きかったことがわかる。

 文大統領を支持しない理由は「北朝鮮の核問題・安全保障(22%)」「人事(18%)」「行きすぎた福祉政策(9%)」の順となった。とりわけ先週行われた同じ調査で「人事」は不支持の理由として5%しか占めていなかったが、それからわずか1週間で13ポイントも上昇したことになる。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す