同一製品でも「中国製」より「日本製」の方が高品質なのか=中国報道



 日本が世界トップレベルの競争力を持つ産業の1つにカメラ産業が挙げられる。近年は製造業の発展著しい中国だが、カメラ産業では日本に到底追いつけない状況だ。

 キヤノンは宮崎県にデジタルカメラの新工場を建設すると発表し、一部ではカメラ生産の日本回帰の動きであるという報道も見られたが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「同じカメラであっても、中国で生産するより日本で生産した方が品質が高くなるのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国のネット上では「日本国内で販売されているカメラの方が、中国で販売されているカメラより高品質」だという論調が見られると紹介する一方、こうした噂は「事実に基づくものではない」と指摘し、販売されている国によって品質に差はないと指摘。

 だが、生産される国によって品質に差が生じることは「ありえない話ではない」としたうえで、日本国内で生産されるハイスペックなカメラに搭載されているレンズなどは熟練した職人の手によって作られているとしたほか、生産管理も徹底しているため、不良品率が非常に低いと指摘した。

 一方で、中国の製造業はもともと「低価格、大量生産」の製品づくりに強みがあり、日本国内は「少量生産であっても精密で高価格」の製造業が強みであると指摘、中国国内の人件費が高騰した今、「各メーカーは日本に回帰するメリットはあっても、中国にとどまったり、中国に生産拠点を移すメリットは無くなった」のだと指摘した。

 近年は「メード・イン・ジャパン」のブランド力を活かすことを念頭に、日本国内に生産拠点を戻すメーカーは増えている。また、中国では人件費が上昇しているうえ、中国の工場で働く労働者の離職率は非常に高く、すぐに転職してしまい、人を育てるのが難しいと言われている。その意味では、熟練した作業員の存在が必要不可欠な製品においては、同一製品であっても中国製より日本製のほうが品質が高くなるということはありえないことではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

【関連記事】
日本に降り立ったら「感情一変」、そのまま暮らしたいと「定住」を願う人も=中国
北朝鮮が発射した弾道ミサイルに「日本が迎撃しなかった理由」=中国報道
高速鉄道の「逆転中国受注」が決まったとき、インドネシアの国民は何を思ったのか=中国報道
「わが国が構築したものこそが真の高速鉄道だ」と中国が胸を張る危険な理由=中国報道
「日本人は卑劣」と思い込みすぎた! 現代日本人は「抗日ドラマの日本兵とは違う」ことに驚き=中国報道




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す