「韓国人は辛いもの好きで酒に強い」は外国人の誤解?=韓国ネットユーザーが主張



韓国のあるネットユーザーがインターネットの掲示板で「韓国人の味覚は海外の人からかなり誤解されている」と主張した。

投稿者が「誤解」の一つとしてまず挙げたのが、「韓国人は辛さに強い」ということ。誤解されている理由について、「韓国人は世界の中でも米国人や日本人に接することが多いが、米国人も日本人も辛さには際立って弱いときている。だから韓国人が辛さに強いと錯覚されているのだ」と説明している。また「欧州や中国、東南アジアや南米の料理は韓国料理とは比較にならないほど辛い」とし、「韓国料理が辛い」と誤解されている背景には、「激辛」味の韓国のインスタントラーメンが「韓国の味」として世界に広まったことにあると主張した。

二点目は、「韓国料理が塩辛い」ということ。これについては「韓国料理は汁物が多いこともあって韓国人は塩分を多く摂取するけれど、少なくとも和食や米国の食べ物、中華料理に比べたらしょっぱくないと断言できる」「しょっぱさでは米国や日本食の方がひどい」と主張した。

最後に「韓国人は酒に強い」こと。こう思われがちなのは「飲み会が頻繁にあり、集団的飲酒文化が発達しただけ」で、実際に強いわけではないという。むしろ外国人の方が酒豪と言え、日本人も韓国人とと比べれば「はるかに酒豪」とのこと。理由は、韓国人が普段、専用の小さなグラスでストレートで飲む焼酎を、日本人は大きなグラスで楽しんでいる、そんな姿を日本で何度も見掛けたためと説明した。

この主張に、他のネットユーザーからは「メキシコの人々は青唐辛子を食べても全然辛いと思わないらしい。韓国人にとっての辛さは『井の中の蛙』みたいなことかな」と同調の声が上がっている。

しかし、「辛さの特徴は国によって異なる。他国の辛さは初めがすごくてそのうちに落ち着いてくるけど、韓国は反対。だんだんと辛さが増してくる」との意見をはじめ、「お酒については1人当たりの消費量が統計に出てて、韓国はアジアでは1位。それだけでなく、お酒を飲まない人の割合もかなり高いから、飲む人だけが浴びるように飲むのが韓国」「日本人は韓国の焼酎を大きいグラスで飲む?いやいや、氷を入れてロックで飲んでるよ」など反論の方が圧倒的に多いようだ。(翻訳・編集/松村)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す