「釘」をジュエリーに。カルティエのブレスレットは反骨のラグジュアリー



1847年の創業以来、王族や文士をはじめとする多くの紳士たちを魅了してきた「カルティエ」。名作といえば、フランスの芸術家ジャン・コクトーが小指につけていた3連リング「トリニティ ドゥ カルティエ」、創業者のルイ・カルティエ自らが愛したレクタンギュラー型の「タンク ウォッチ」、冒険家アルベルト・サントス=デュモンが空の旅をともにした「サントス ウォッチ」などが挙げられます。いずれも時代を超えて、紳士の腕元を華やかに彩ってきました。今回取り上げた「ジュスト アン クル」もそんな名作に挙げられるひとつ。釘をモチーフにしたこのジュエリーは、1970年代に登場。日用品を芸術品へと昇華させたデザインがいままたクリエイティブな人たちに注目され、より自由でより自分らしい装いを求める時代のムードの高まりとともに人気を博しています。

【参考記事】名作を巡る旅は、「トゥミ」のスマートな新作ギアとともに。
【参考記事】本物の価値を知る元サッカー日本代表・中田浩二が、「フェリージ」のバッグの魅力を語る。

201708cartier_khUJlQA.jpg

ブランドロゴの刻印など、非常に細かい部分まで手の込んだ作り。美しい鏡面仕上げで、エレガントかつ上品な光を投げかけてきます。

輝くゴールドで表現された、釘をぐいと曲げたようなフォルム。それは身を飾る宝飾でありながら、同時に”反骨精神”や”力強さ”を感じさせます。ジュエリーは繊細でなければならないという固定概念をひっくり返したのは、デザイナーのアルド・チプロ。カルティエ ニューヨークで数々のジュエリーを生み出した彼は、1970~80年代にかけて世界中のセレブリティを魅了したディスコ「スタジオ54」の自由なムードをこのデザインに投影。ラグジュアリーな遊び心あふれる逸品が誕生しました。

肌の露出が多くなるこの時期こそ、ワードローブに加えたくなる逸品。太すぎず華奢すぎない直径で、さりげなくラグジュアリーな雰囲気を醸すにはうってつけです。素材はともに純度の高いゴールドを使用。ホワイトゴールドのブレスレットにはロジウムコーティングを施し、光沢と輝きをプラスしています。たとえば、ストイックなモードルックにホワイトゴールドのブレスを合わせて、モダンなスパイスとして用いてもいいでしょう。ツイードのジャケットにタイドアップのようなクラシカルコーディネートには、イエローゴールドのブレスを合わせて、洒脱さを演出するのも一手。腕元にひとつあるだけで、装いを幾重にも洗練されたものへと昇華させてくれます。

ちなみに、世界最大のメンズ既製服見本市「ピッティウオモ」に集う紳士たちを見ますと、時計とブレスレットを重ねてつけるのが流行中。何本もジャラジャラとつけるというよりは、1本だけつけるのがトレンドです。ほんのり利かせるくらいのスタンスが、いまっぽい知的な色気を生み出してくれます。

【参考記事】【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.1 針表現を追求した、ロマンの結晶。
【参考記事】インテリアバイヤー・大島忠智と考える、理想を叶える洗面空間づくり。

201708cartier_KHkCMDY.jpg

ブレスレットの真ん中の屈折部分。ほとんど継ぎ目がわからないようななめらかな曲線は、まさにクラフツマンシップの賜物。ハイジュエラーならではの意匠を感じられるポイントです。

カルティエ ジュスト アン クル ブレス

newsweek20170918152040.jpg【価格】写真上:¥793,800、写真下:¥847,800
【素材】ゴールド
【問い合わせ先】カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-301-757

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

PenOnline




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す