TWICEの日本初シングル「One More Time」 LINEミュージック1位(中央日報日本語版)



ガールズグループTWICEの初の日本オリジナルシングル「One More Time」が公開後LINEミュージックチャート1位になり、現地でまたTWICE旋風を予告している。

TWICEは初の日本シングル「One More Time」の発売を18日に控え、13日0時に現地音源サイトに新曲の音源を先に公開した。「One More Time」は公開後すぐに現地LINEミュージックのリアルタイムチャートでトップになり、改めてTWICEの人気を確認させた。TWICEは6月の日本デビューベストアルバム「#TWICE」発表当時もLINEミュージックのリアルタイム・デイリー・ウィークリー・マンスリーチャートで1位になった。

「One More Time」はタイトルのようにもう一度愛する人に近づく女性の気持ちを表現した曲で、TWICEならではの明るく元気なエネルギーが感じられる。

TWICEは今年6月28日にベストアルバム「#TWICE」を発表し、日本音楽市場に本格的に進出、デビューショーケースは異例にも東京体育館で2回開催して計1万5000人のファンを集めた。特にオリコンデイリーアルバムチャート2位に入ったTWICEは公開5日目に1位になって3日連続でトップを守り、デビューアルバムにもかかわらず販売27万枚を超え、日本レコード協会から「プラチナ」に認定された。さらに韓国のアーティストでは今年唯一アルバム部門で「プラチナ」となり、最高のガールズグループのプライドを見せた。

このほか海外9地域のiTunes総合アルバムチャート1位、日本国内ユーチューブ照会数6週連続1位、7月の月間照会数1位など輝かしい成果で日本でのK-POP人気に再点火した主役として認められた。

一方、TWICEは14、15日にソウル回基洞(フェギドン)の慶煕大学「平和の殿堂」で2回にわたり初の公式ファンミーティング「TWICE FANMEETING ONCE BEGINS」を開催する。デビュー2周年とファンクラブ「ONCE」第1期募集を記念して特別な時間を計画している。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す