パトロールや通訳補助ロボット、東京五輪を前に羽田空港でお披露目



2020年の東京五輪を控え、羽田空港では12日、7台の実験型ロボットがお披露目された。

動画中の白くて小さな人型ロボットは、警備員に代わって空港内をパトロールし、事件発生時にすぐ付近の警備員に知らせる。

フワフワの毛で覆われた猫をイメージした外観のロボットは、4カ国語の同時通訳機能を備えており、言語選択ボタンを押してマイクに話しかけると、すぐに翻訳結果を画面に表示してくれる。(提供/人民網日本語版・編集/TK)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す