米国株式市場は小幅高、商い閑散



[27日 ロイター] – 米国株式市場は閑散商いの中、小幅高で取引を終えた。一部の大型ハイテク株が上昇した一方、エネルギー株が売られた。S&P情報技術指数は0.2%高。前営業日までは4月以来最長となる5日連続で下落していた。

フェイスブックが0.9%高。マイクロソフトが0.4%高。

ウェドブッシュ・セキュリティーズのシニア・バイスプレジデント、スティーブン・マソカ氏は「ハイテク株は大きく値上がりしている。このところ少し下げたが、本質的なところを見極めれば、投資妙味がある。大きな打撃は受けていない」と述べた。

年末休暇のため、取引は引き続き閑散。前日の出来高は、半日取引を除くと今年最低だった。

前日2年半ぶりの高値を付けた原油価格は下落。S&Pエネルギー指数は0.3%下落した。

コノコフィリップスが1.1%安、シェブロンが0.3%安。

住宅株指数は0.1%高。11月の米中古住宅販売仮契約指数は小幅に増加。住宅市場が勢いを取り戻した可能性が示唆された。

電気自動車のテスラは1.8%安。キーバンクが「モデル3」の第4・四半期の納入台数予想を1万5000台から約5000台に下方修正した。

無線充電技術のエネルガスは168.1%高。連邦通信委員会(FCC)が同社の無線充電器を認定した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を上回り、比率は1.23対1。ナスダックでは1.04対1で値上がり銘柄数が多かった。

S&P総合500採用銘柄では、29銘柄が52週高値を更新、3銘柄が安値を更新した。ナスダック総合指数では、86銘柄が高値を更新、18銘柄が安値を更新した。

出来高は約43億6000万株と、過去20日間の1日平均の67億9000万株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24774.30 +28.09 +0.11 24766.52 24789.52 24731.68

前営業日終値 24746.21

ナスダック総合 6939.34 +3.09 +0.04 6941.45 6955.38 6931.34

前営業日終値 6936.25

S&P総合500種 2682.62 +2.12 +0.08 2682.10 2685.64 2678.91

前営業日終値 2680.50

ダウ輸送株20種 10697.21 +24.55 +0.23

ダウ公共株15種 720.41 +3.38 +0.47

フィラデルフィア半導体 1263.36 +4.48 +0.36

VIX指数 10.47 +0.22 +2.15

S&P一般消費財 788.59 -1.52 -0.19

S&P素材 378.68 +0.52 +0.14

S&P工業 638.62 +1.60 +0.25

S&P主要消費財 588.78 -0.04 -0.01

S&P金融 465.30 +0.30 +0.06

S&P不動産 203.09 +0.81 +0.40

S&Pエネルギー 535.03 -1.72 -0.32

S&Pヘルスケア 962.49 +1.81 +0.19

S&P電気通信サービス 166.73 -0.38 -0.23

S&P情報技術 1111.83 +1.80 +0.16

S&P公益事業 266.11 +1.08 +0.41

NYSE出来高 5.48億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 22945 + 55 大阪比

シカゴ日経先物3月限 円建て 22915 + 25 大阪比



ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す