(朝鮮日報日本語版) 何度も体を密着させてくる生徒を平手打ちした女性教諭の悪夢(朝鮮日報日本語版)



 中学で教師として勤務するAさん(女性)は一昨年、教室で悪夢のような一日を送った。ある生徒が何度も自分の体の特定部位をAさんに密着させてきたのだ。慌てたAさんが生徒の頬を平手打ちしながら注意すると、生徒も自分の過ちを認めた。しかし、この事実を子どもから聞いた父兄は「教師が頬を平手打ちした行為は、重大な生徒の人権侵害であるとともに、児童虐待」と主張しながら、弁護士を立て、Aさんを刑事告訴した。父兄側は「私たちの息子は(まだ幼くて)処罰されても前科は付かないが、教師は児童虐待法に引っ掛かれば教職を去らなければならない」と脅した。さらには、校内放送を通じて他の学校に移ることを要求した。Aさんは結局、宣告猶予判決で教職は追われなかったものの、罪人のような立場で他の学校に異動せざるを得なかった。周囲の教師らは「今後生徒たちを指導することができないくらいに、Aさんはショックを受けた」と話す。

■児童虐待法に足をすくわれる教師たち
 教師らが生徒を指導する過程で「児童虐待」に追い込まれるケースが多発している。ソウルのある小学校の学芸会の練習時間に、指導教師Bさんは列をそろえない生徒の袖などを引っ張って「列をきちんとそろえなさい。あなたが穴だ」と叱りつけたことで、今年1月教壇を後にした。暴行の疑いが持たれて起訴され、50万ウォン(約5万1000円)の罰金を支払った。

 いわゆる「漆谷継母事件」をきっかけに、2014年に改正された児童福祉法によると、加害者(教師)が「児童虐待」で5万ウォン以上(約5100円)の罰金刑が宣告されると、解任か、10年にわたって児童関連機関(教職)で勤務することができないよう、定められている。ところで一線の教師の間では、この条項が「悪法と同じ」といった不満の声が上がっている。ひとまず、児童虐待と見なされれば、軽微な罰金刑でも教職を追われるなど、行き過ぎているというのだ。

 チョン・スミン弁護士は「深刻な児童虐待はそのほとんどが家庭内で発生しているが、おかしなことに教師らがその流れ弾に当たるケースが増えている。罰金刑だけで教師を教育現場から排除するというのは、職業選択の自由を制限し過ぎている」と説明する。チョン弁護士は今年4月、憲法裁判所にこうした内容の憲法訴願の申し立てを行った。

 「児童虐待」の基準が曖昧なのが、より大きな問題だという指摘もある。児童福祉法上、「情緒虐待」は「児童の精神上の健康や発達に害を与える行為」と規定されているが、教師の指導行為でさえ虐待として追い立てることができるからだ。最近嶺南(慶尚道)地域のある小学校の教師Cさんは「4年前にうちの子どもを廊下に立たせたのは虐待行為」との理由により、父兄から数百万ウォン(数十万円)の示談金を要求された。友人とのけんかを理由に授業中に立たせたことを、中学進学後に問題視したのだ。このことで警察の調査を受けたCさんは「教職に疑いの思いを持たざるを得ない」と周囲に訴え掛けた。韓国教員団体総連合会(韓国教総)のキム・ジェチョル・スポークスマンは「児童福祉法によると、教師が偏食する生徒に注意を与えても、情緒虐待になる可能性がある」という。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す