髙島屋の子どもフロアが中国人で賑わうワケ(東洋経済オンライン)



 大阪・なんばにある髙島屋大阪店。ここに中国人客がひっきりなしに訪れる売り場がある。

この記事の写真を見る

 6階にある育児用品売り場。ベビーカーやベビー衣料、マタニティ用品などがそろう。これまで百貨店における訪日客の「爆買い」といえば、ブランド品や化粧品などが中心だったが、現在では日用品や育児用品など、比較的手の届きやすい商品にまで波及してきた。

 現在、大阪の百貨店は、訪日客で賑わいを見せている。LCC(格安航空会社)が普及し、その拠点となっている関西国際空港から大阪に訪れる訪日客が増え続けているのだ。

 髙島屋大阪店も、訪日客に支えられ売り上げは回復基調にある。消費税が免除される免税売り上げは、2016年7月から13カ月連続、前年同月比プラスで推移している。

■1本約3000円のほ乳瓶が大人気

 育児用品の中では、ほ乳瓶が牽引役となっている。中国人客から見ると、日本製は安全・安心で品質が高いという共通認識がある。特に中国人向けにはガラス製ほ乳瓶の人気が高い。

 髙島屋大阪店で特に人気化したほ乳瓶がある。ベビー用品を手掛けるズーム・ティー(東京都港区)が製造販売する「ドクターベッタ」だ。飲み口の手前部分がカーブしており、赤ちゃんの上体を起こしたままミルクを飲ませることができる。これによって誤嚥を防いだり、ゲップを軽減できたりできる。

 もちろん、すべて日本製。価格はプラスチック製で1本2500円(税別)から、ガラス製で2700円(同)からと、ほ乳瓶としては比較的高単価だが、中国人から絶大な人気を得た。

 「特別なプロモーションを打っていないのに、次から次へと売れていく。なんばの髙島屋に行けばドクターベッタの哺乳瓶があると、口コミを通じて中国のママ達の間で爆発的に普及した」。髙島屋大阪店でベビー用品や子供服などを担当する佐々木大輔次長は笑顔で語る。

 ドクターベッタは全国的に買えるブランドだが、髙島屋大阪店が特に品ぞろえを強化したことで、「髙島屋に行けば、同製品が買える」という認識が中国人客に広がった。

■4カ月で約7000本を売り上げる

 髙島屋大阪店がドクターベッタの取り扱いを開始したのは2014年8月。最初の半年間は大半の購入は日本人で、中国人からの認知度は低かった。

 だが、中国の一般消費者の口コミを通じて、じわりと浸透した。全国的に訪日客の消費が落ち込んだ2016年度でも、髙島屋大阪店だけで前期比4倍の1万本強を売り上げた。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す