イギリスの「チャヴ」が暗示する日本の末路(東洋経済オンライン)



■「粗野な下流階級」を指す蔑称、チャヴ

 『チャヴ』、聞き慣れない言葉である。もとはロマ族の「子供」を指す言葉「チャヴィ」から来た、英国において用いられる「粗野な下流階級」を指す蔑称である。いくつかの英語辞典を調べてみると、「生意気で粗野な態度によって類型化される若年下流階級(オクスフォード英語辞典)」、「教養の欠如や下流階級であることを、その衣服や話し方、行動があらわすような人を示す蔑称。通常は若者を指す。(ケンブリッジ英語辞典)」、「たとえ高価であっても、その趣味が低俗であるとされる若い労働者階級(コービルド英語辞典)」などとある。

この記事の写真を見る

 さんざんな物言いである。しかし、これらの定義を全部あわせても、チャヴという言葉を正しく理解するには足りないようだ。そこには「公営住宅に住んで暴力的」「中流階級の謙虚さや上品さがなく、悪趣味で品のないことにばかりカネを使う浪費家」、さらには、「暴力、怠惰、十代での妊娠、人種差別、アルコール依存」といったイメージまでが刷り込まれている。

 チャヴをわかりやすく理解できる事件があった。マデリーンとシャノンという二人の幼い少女が相前後して姿を消した。マデリーンの失踪はマスコミで大々的に取り上げられ、その発見には3億円以上の報奨金がかけられた。それに対して、シャノンの事件は大きな反響を呼ばず、報奨金はマデリーンの50分の1にすぎなかった。どうしてこのような違いが生まれたのか。

 マデリーンは高級リゾート地の寝室から、シャノンは水泳教室から貧しい公営住宅への帰り道で、その行方がわからなくなった。マデリーンは中流階級の少女で、シャノンはチャヴの子供だったのである。マデリーンは中流階級以上の人々の大いなる共感をよんだが、シャノンは「両親の破滅的な家庭環境の犠牲者」とみなされたにすぎなかったのだ。

 残念ながらマデリーンは見つからなかったが、シャノンは発見された。しかし、そのことは、さらに悪い展開を見せる。シャノンの誘拐犯は、5人の男性との間に7人の子供をもうけた無職の女性・カレンのパートナーのおじであった。そのカレンはなんとシャノンの母親、驚いたことに報奨金ほしさからの犯罪だったのである。メディアは、誘拐犯よりもカレン、そしてカレンが住む地域を容赦なく攻撃する。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す