マツダがSUVのトップモデル、CX-8の予約受注を開始した(ダイヤモンド・オンライン)



 マツダの日本向けSUVラインナップのトップモデルという専用開発車、CX-8が発表され、2017年9月14日から予約受注が開始された。発売は12月14日という。

 CX-8は全長4.9メートルの余裕あるサイズのSUV。特徴は7座シートまで用意されることと、それでも余裕ある走りが出来るパワープラントが搭載されたことにある。

 「マツダのSUVにおける最上級車車種。ぜひともこれを見て、触って、乗っていただければ」。記者発表会の席上で、マツダの小飼雅道代表取締役社長兼CEOはそう語った。

 このクルマのコンセプトの原点は、小飼社長によると、市場ではミニバンからのシフトが起きているためだとか。その浮動票を受け止める商品として企画されたのが、ミニバンとSUVの中間的なこのCX-8。小飼社長の表現を借りると「クロスオーバー」というジャンルになる。

 実車に接すると、「見て、触って」という言葉の意味するところがわかる気がする。たいへん質感の高い出来で、最初はおとなしめに見えるスタイリングも、やがて大人っぽい好ましいものと感じられるようになる。

 長めのルーフにクロームのモールドがついたサイドウィンドウの組み合わせは質感が高い。加えて後ろにいくにしたがって幅がやや細くなっていくウィンドウグラフィクスが適度なスポーティ性をもつようにおもえる。

 ファミリー層ばかりでなく、マツダのイメージ表現にあるように、(オーデマピゲの腕時計)ロイヤルオークをはめるようなスーツの既婚男性なども、たしかにいいかもしれない。

 2メートルの尺のものも室内に搭載できるので、ゴルフをはじめ、スポーツなどの趣味をもっているひとにも使い勝手がいいだろう。

 シートは3列ならび、おどろくのは、3列めにも170センチのひとがちゃんと座っていられることだ。それでいて荷物もけっこう入る。もちろんシートを畳めば荷室は長大だ。

 このパッケージングとスタイリングの両立には「そうとう苦労しました」と、パッケージング担当者とデザイナーとが顔を見合わせて笑っていたのは、こちらもついつられて笑ってしまった。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す