旧・オリエント信販、消費者金融を手掛けていたネットカード(東京)が破産(東京商工リサーチ)



 消費者金融を手掛けていたネットカード(株)(TSR企業コード:294431314、法人番号:3010601035663、墨田区太平3-1-2、設立平成9年10月)は11月10日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には深山雅也弁護士(深山・小金丸法律会計事務所、新宿区西新宿1-25-1、破産管財人室カスタマーセンター0120-365-504)が選任された。
 負債総額は594億8997万円(平成21年3月期決算時点)だが、過払金の返還請求などもあり大きく変動する可能性がある。

 昭和51年4月設立のオリエント信販(株)(TSR企業コード:292445989)を前身とし、消費者金融業を展開していた。平成12年6月に投資ファンドのユニゾン・キャピタル・パートナーズ(株)(現:ユニゾンキャピタル(株)、TSR企業コード:297321595、法人番号:2010001115067、東京都千代田区)が経営権を取得した以降、営業拠点を集約して無店舗化を推進。インターネットを介した消費者金融業に特化し、17年3月期は売上高約192億3900万円をあげ、ネット型消費者金融業者としては当時最大級の規模を誇っていた。
 17年9月にはGMOインターネット(株)(TSR企業コード:293771847、法人番号:6011001029526、渋谷区)がユニゾン・キャピタル・パートナーズから株式を取得して子会社化し、当社はGMOネットカード(株)に商号を変更。その後、経営陣によるMBOが実施されGMOグループから切り離された。
 一方で、貸金業法の改正によるグレーゾーン金利の撤廃以降は多額の過払金問題を抱えて経営が悪化、平成21年6月以降は新規貸出を停止していた。個人からの過払い利息の返還訴訟が相次ぐなか、金融債務や過払い利息返還の猶予で凌いできたが債権者から破産を申し立てられ今回の措置となった。

東京商工リサーチ



【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す