旧:オリエント信販、元・消費者金融事業者のネットカードが破産開始(帝国データバンク)



 ネットカード(株)(TDB企業コード:987989431、資本金1億9500万円、東京都墨田区太平3-1-2、代表渡邊久生氏)は、11月10日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は深山雅也弁護士(東京都新宿区西新宿1-25-1、深山・小金丸法律会計事務所、電話0120-365-504<破産管財人室カスタマーセンター、受付時間10時~17時(土日祝日を除く)>)。

 当社は、1997年(平成9年)10月に設立された消費者金融業者。従前まではオリエント信販として、女性を対象にテレフォンキャッシングを中心とした消費者金融を行い、2005年3月期には年収入高約192億3900万円を計上していた。

 しかし2011年以降は新規融資を行っておらず、貸金業者登録も返上して、既存貸付先からの利息および債権回収に努めていたが、2015年以降に債権者から破産を申し立てられていた。

 負債は2009年3月期末時点で約594億8900万円だが、その後に変動している可能性がある。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す