すき家の決断「牛丼並盛以外を値上げ」の衝撃(東洋経済オンライン)



牛丼チェーン「すき家」が11月29日、牛丼を値上げした。並盛は従来通りの350円(税込、以下同)だが、同価格の中盛、大盛は10円値上げの480円とし、特盛、メガ盛はそれぞれ50円値上げし、630円、780円に引き上げた。同時に、トッピング各種も10円値上げ、セットも20~40円値上げした。
今回の値上げは牛肉とコメの価格と人件費の上昇が理由という。なぜこのタイミングで値上げを決断したのか。値上げから1週間が経過した12月6日、同社の持ち株会社、ゼンショーホールディングスの小川賢太郎会長に聞いた。

この記事の写真を見る

■牛肉の値段は当面高止まりする

 ――牛丼値上げで「すき家の成長にブレーキがかかるのでは」との報道もある。

 メディアはいつも好きなことを言う。「アルバイトなど非正規社員の賃金を上げろ」と言っておいて、「でも値上げはけしからん」では、論理が崩壊している。しかし今回の値上げの主な理由は人件費ではなく原材料の値上がりだ。

 牛丼の2大食材の1つである牛肉は価格上昇が続いている。中国や東南アジアにおける牛肉消費の拡大が原因だ。中国・アジアに店舗を展開している我々にとっては追い風でもあるが、米国産牛肉の牛丼用部位の価格は前年同期比で42%上昇した。

 資本主義は需要と供給のバランスで成り立っている。需要が増えれば供給が増える。現に米国の畜産農家では生産量を増やす動きが出てきている。しかしそれを上回る勢いで消費が増えているので中長期で需給タイトが続く。つまり牛肉の値段は当面高止まりすると見ておいたほうがいい。

 ――コメの価格も上がっている。

 コメの価格は前年同期比で9%上昇した。こちらは、日本人のコメ消費の減少を受け、過去30年間、ほぼ一貫して値下がりが続いてきた。我々が「すき家」を始めた頃は1俵2万円が相場だったが、今は1俵1万2000円だ。需要が減っているのに供給が同じだと価格は暴落する。そこで政府は長年、減反政策をとってきた。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す