インテル、ウェイモとの提携を発表…完全自動運転の技術開発へ



インテルは9月18日、グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモと自動運転技術の分野で提携すると発表した。

インテルは2016年7月、BMWグループ、モービルアイと、自動運転車の開発における提携を発表。2021年までに、完全自動運転車を量産することを目指している。2017年5月には、この連合にデルファイが加わるなど、勢力を拡大する。

一方、グーグルの自動運転車開発部門のウェイモは2016年、欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と自動運転車のプロジェクトで提携。FCAのエンジニアとグーグルのエンジニアが協力し、最新の自動運転技術の自動車への搭載について、協業を進めてきた。またFCAはウェイモに対して、自動運転車のテスト車両を納入。最終的に、およそ600台の自動運転テスト車両を納入する計画。

今回のインテルとウェイモの自動運転技術の分野における提携は、レベル4〜5の完全自動運転の実現に必要な高度な処理能力を備えた車載コンピュータプラットフォームを、ウェイモの自動運転テスト車両に導入するのが狙い。インテルはこれにより、運転における人間のエラーをなくし、すべての人々にとって安全な道路環境を目指していく。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す