北米COTY2018、セミファイナル11車種…カムリ と アコード 残る



北米カーオブザイヤー主催団体は9月15日、「2018北米カーオブザイヤー」の乗用車カテゴリーのセミファイナリスト11車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で25回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2018北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーのセミファイナリスト11車種は、以下の通り。

●アルファロメオ・ジュリア

●アウディA5スポーツバック

●BMW5シリーズ

●ホンダ・アコード

●ヒュンダイ・アイオニック

●キア・リオ

●キア・スティンガー

●レクサスLC500

●ポルシェ・パナメーラ

●スバル・インプレッサ

●トヨタ・カムリ

日本メーカーでは、新型トヨタ『カムリ』、新型ホンダ『アコード』、新型スバル『インプレッサ』、レクサス『LC500』の4台が、セミファイナリストに。とくに、カムリとアコードは、米国市場における乗用車のベストセラーの座を争う好敵手。

また、欧州勢では、アルファロメオ『ジュリア』、新型アウディ『A5スポーツバック』、新型BMW『5シリーズ』、新型ポルシェ『パナメーラ』が、セミファイナリストに名前を連ねる。

2018北米カーオブザイヤーは2018年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー2018において発表予定。前回は、GMのシボレー『ボルトEV』が、北米カーオブザイヤーを手にしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す