STIで進化したスバル VIZIVパフォーマンス、やはり市販予告か…オートサロン2018



SUBARU(スバル)ブースの目玉は『VIZIVパフォーマンスSTI』コンセプトだろう。2017年東京モーターショーでお披露目されたスバルの次世代コンセプトカー、「VIZIVパフォーマンス」を市販車と見立ててSTIならではのチューニングを施したというコンセプトカーだ。

先のVIZIVパフォーマンスの発表・展示では、AWD、ターボ、最新のアイサイト搭載といった程度しかスペック情報が公開されず、その外観から次期WRX STIなのではないか(スバルは、次期WRX STIがVIZIVパフォーマンスに似る可能性を示唆している)と言われている。

そんな中、今回のオートサロン2018でVIZIVパフォーマンスのSTI仕様とも呼べるクルマが展示されたので、ますます次期WRX STIの期待が高まる。ブース担当者に聞くも、詳細スペックはやはり語ってくれなかった。

しかし、東京モーターショーのVIZIVパフォーマンスとの外装の違いは説明してくれた。大きな違いはフロントバンパーのエアインテークとリアスポイラーの取り付け方。東京モーターショーモデルでは、バンパーの両サイド部分にインテークがあり空気の流れを作っていたが、より効率を上げるため開口部を前面に集中させ、両サイドのインテークは廃止された。

エッジ部分は空気の流れが外側を回り込む傾向があるため、ここの穴はあまり効果が期待できなかったという。穴をふさいで流れをよくして空力を上げた方がよいという判断だ。

もうひとつの違いは、リアスポイラーとトランクリッドの取り付け部分の間にパーツをかませてスポイラーの位置が少し上がっている。これも空力対策の一環のようだが、ひょっとするとドライバーからのミラーごしの後方視界がよくなっているかもしれない。

3つめはサイドシルスポイラーだ。STIオリジナルのものが追加されている。

STIがすでにVIZIVベースでエアロパーツを開発(?)しているところを見ると、やはり次期WRX STIは本当にVIZIVパフォーマンスなのかもしれない。



  • 中尾真二


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す