【ジュネーブモーターショー2017】ランドローバー ディスカバリー、赤十字仕様を初公開…ドローン搭載



英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、新型『ディスカバリー』の「プロジェクトヒーロー」を初公開した。

同車は、新型ディスカバリーをベースにしたコンセプトカー。オーストリアの赤十字社のために、ランドローバーの高性能モデルや車両カスタマイズ製品、少数生産の限定モデルの製作を担当するスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が、開発したモデルとなる。

その特徴は、革新的なドローンテクノロジーを採用していること。新型ディスカバリーのルーフから、ドローンが離着陸できるよう、設計されている。

プロジェクトヒーローは今後1年間、緊急対応チームが試験運用を行う予定。ランドローバーは、「人道支援向けのビスポークモデル」とコメントしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す