世界ラグジュアリーカーの最終3台…日本車はなし、ジェネシスも脱落



ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「ワールドラグジュアリーカー2017」の最終選考3台を発表した。

ワールドラグジュアリーカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もラグジュアリーな1台を選出する。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上、およそ70名のジャーナリストが、投票を行う。

ワールドラグジュアリーカー2017の最終選考3車種は、以下の通り。

BMW 5シリーズ

メルセデスベンツEクラス

ボルボS90/V90

ドイツプレミアムの2強、メルセデスベンツとBMWの最新ミドルクラス、新型『Eクラス』と新型『5シリーズ』が残った。また、この2台と競合するボルボの『S90』および『V90』の新型が、最終選考に進んでいる。

なお、日本車はノミネートなし。第二次選考に残っていたヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの最上級サルーン『G90』は、最終選考に進めなかった。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す