【F1】メルセデスのボッタスが最速、ウィリアムズ2日連続で好調…第2回バルセロナテスト2日目



2017年のF1第2回バルセロナ合同テスト2日目が8日、カタロニア・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップタイムをマーク。先週から始まっているテストの中で最速となる1分19秒310を記録した。

この日もメルセデスは1日で2人のドライバーがテストを担当。午前中のボッタスはスーパーソフトタイヤを装着し1分19秒310までタイムを更新。この期間のテストだけで早くも1分18秒台が見えてきた。午後はチームメイトのルイス・ハミルトンが担当を引き継ぎ、主に決勝レースを見据えたロングランのテストを行なっていた。

2番手にはフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)が入り、2日連続で1分19秒台をマーク。3番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)がつけるが、午後のセッションでクラッシュしてしまい、53周と少ない周回数でテストを切り上げている。

マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが走行を担当。新しいパワーユニットを導入したが、別のトラブルが発生し、またしてもピットで作業する時間が発生。トータルで46周しか走れず、順位も12番手と低迷した。

2017 F1第2回バルセロナテスト2日目結果

1.バルテリ・ボッタス(メルセデス)1分19秒310/70周

2.フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)1分19秒420/63周

3.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分20秒406/53周

4.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分20秒432/102周

5.ランス・ストロール(ウィリアムズ)1分20秒579/59周

6.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分20秒702/79周

7.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)1分21秒213/61周

8.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分21秒297/100周

9.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分21秒872/92周

10.ロマン・グロージャン(ハース)1分21秒887/96周

11.パスカル・ウェーレイン(ザウバー)1分23秒000/59周

12.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分23秒041/46周

13.マーカス・エリクソン(ザウバー)1分23秒384/47周

14.ジュリオン・パーマー(ルノー)1分24秒774/29周



  • 吉田 知弘


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す