ワールドカーデザイン、最終選考3台…トヨタ C-HR が残った



ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月7日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において、「ワールドカーデザインオブザイヤー2017」の最終選考3台を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。世界20か国以上、70名を超えるジャーナリストに数名のデザインの権威が加わり、審査を行う。

ワールドカーデザインオブザイヤー最終選考3台は以下の通り。

ジャガー F-PACE

メルセデスベンツSクラスカブリオレ

トヨタC-HR

2017年4月、米国で開催されるニューヨークモーターショー2017において、イヤーカーが決定する予定。なお前回は、新型マツダ『ロードスター』が、ワールドカーデザインオブザイヤーに輝き、ワールドカーオブザイヤーとのW受賞を果たしている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す