【ニューヨークモーターショー2017】ホンダ クラリティ、PHEV&EVモデルを世界初公開へ



ホンダは、4月14日に開幕する「ニューヨークモーターショー」にて、『クラリティ プラグイン ハイブリッド』と『クラリティ エレクトリック』を世界初公開すると発表した。

両モデルは、燃料電池車(FCV)『クラリティ フューエル セル』と共通のプラットフォームを使用したプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)で、2017年に米国での発売を予定。同一プラットフォームにPHEV、EV、FCVという3種類の電動パワートレインを世界で初めて取り揃え、広く上質な室内空間を持つミドルサイズセダンにさらなる価値を提供する。

ホンダは、2030年に四輪販売台数の3分の2をPHEVとハイブリッド、FCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換える目標を掲げており、今回のクラリティシリーズ発売で、電動化を加速させていく。

また、ホンダブースでは3月のジュネーブモーターショーで世界初公開した『シビック・タイプR』の量産モデルや、1月のデトロイトモーターショーで公開した北米向け新型ミニバン『オデッセイ』などを展示する。



  • 纐纈敏也@DAYS


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す