長距離ライドシェアの実証実験を開始—notteco×北海道天塩町



相乗りマッチングサービスの「notteco(ノッテコ)」は、公共交通機関の不足が課題となっている北海道・天塩町と稚内市をつなぐ、日本初の地方都市専用長距離ライドシェアの実証実験を3月12日より行い、今夏を目処に本格始動していく。

北海道北部に位置する天塩町は、生活圏である稚内まで約70km離れている。自家用車なら約1時間で行くことができるが、直通の公共交通手段はなく、バス・電車を乗り継いだ場合、2時間以上を要する。そのため、自家用車がない町民は買い物や通院の際に不便をきたしており、改善を望む声が上がっていた。

今回の実証実験では、まずドライバーが自家用車でのドライブ予定を登録し、同乗希望者は日程や行き先を見ながら希望するドライブを選択。オンラインで待ち合わせ場所など、メッセージのやりとりを行う。料金は当日、ガソリン代実費を同乗人数で割り勘し、ドライバーに現金で支払う。nottecoでは、新たに天塩町ライドシェア専用ぺージや電話窓口を開設し、スマートフォンやPCを持っていない同乗希望の町民でも利用できるよう、サポートおよび代行業務等も行う。



  • 纐纈敏也@DAYS


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す