テスラCEO、トランプ政権の助言機関からの辞任を示唆—パリ協定離脱の場合



トランプ政権の助言機関、「戦略政策フォーラム」のメンバーのひとり、テスラのイーロン・マスクCEO。同CEOが、同フォーラムからの辞任の可能性を示唆している。

これは、トランプ大統領が、地球温暖化対策の新たな枠組み、「パリ協定」から離脱する意向と伝えられたことを受けたもの。

5月31日、テスラのイーロン・マスクCEOは公式Twitterを通じて、「パリ協定から離脱するなら、戦略政策フォーラムのメンバーを辞任するしか、選択肢はない」とコメント。

なお、トランプ大統領は日本時間6月2日の4時、パリ協定に関して重大な発表を行う予定。EVメーカーのテスラを率いるマスクCEOとしては、米国の環境政策が後退することのないよう、強いメッセージを発した形となった。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す