NHK、「常時同時配信」でネット受信料徴収の表明見送り 



 NHKが平成31年の開始を目指すテレビ放送とインターネットの「常時同時配信」に伴う受信料新設の表明について、当初予定していた20日午後に開かれる総務省の有識者検討会での表明を見送ることが分かった。民放の反発が根強いことなどが影響したとみられる。

 同時配信をめぐっては、NHK会長の諮問機関がテレビを持たずネットのみで視聴する世帯に対し、新たな受信料の徴収に「妥当性がある」との答申をまとめており、上田良一会長は「具体的な考え方や計画を速やかにまとめたい」として、総務省の有識者検討会で公表する考えを示していた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す