訪日外国人の“足取り”、プリペイドカードで把握 JCBが実証実験



ニュース

» 2017年10月13日 19時01分 公開



観光情報アプリをダウンロードした訪日外国人旅行者にプリペイドカードを配布し、位置情報や決済情報を取得してマーケティングにつなげる実証実験を、JCBが始めた。



  ジェーシービー(JCB)は10月13日、スマートフォンアプリとプリペイドカードを活用し、訪日外国人旅行者の位置情報や決済情報を解析してマーケティングにつなげる実証実験を、長崎市で10月に始めたと発表した。地域経済の活性化を狙う。

photo
実証実験の概要

 観光情報などを配信するスマートフォンアプリ「Japan Travel Guide」(NTTアドが提供)をダウンロードした旅行者に、プリペイドカード「JCBプレモカード(For Tourists)」をプレゼントする。旅行者の属性(国籍、年齢、性別)や、スマホアプリ経由で取得する位置情報、JCBプレモカードの決済情報を組み合わせて解析し、マーケティングに活用できるかを検証するという。

photo
JCBプレモカード


photo
スマホアプリ「Japan Travel Guide」

 解析結果は、Wi-Fi環境の整備、国内外でのプロモーション、旅行者の周遊・購買行動の可視化、観光資源の発掘――などにつなげる考え。

 実験は2017年10月1日〜18年3月4日に、長崎市内で行う。長崎国際観光コンベンション協会(長崎出島ワーフ2階)とNTT出島ビル1階で、旅行者にアプリのダウンロードを促すとともに、JCBプレモカードを配布する。

 経済産業省の公募事業「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業」(IoT活用おもてなし実証事業)の一環。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’0000000163d46a3f’, width:500, height:300, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20170830inread.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // 直下要素 var e_tags = []; var p_num = []; var p_target_num; var p_plus = 0; var flag_insert = 0; for(var i = 0; i = threshold){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; p_plus = p_target_num; for(var i = p_num[p_target_num]; i


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す