ARMサーバで稼働する「Windows Server」、MicrosoftとQualcommがOCPで発表



 米Microsoftは3月8日(現地時間)、米カリフォルニア州サンタクララで開催のOCP(Open Compute Project) Summit 2017で、ARMベースのサーバで稼働する「Windows Server」を発表した。

 同社は、米Qualcommや米Caviumを含む多数のARMプロセッサメーカーと協力し、自社のデータセンター向けにARMサーバを最適化してきたという。

 同社はその成果を「Project Olympus」の下、OCP Summitで披露した。Qualcommは10nmプロセスを適用したARMサーバプロセッサ「Centriq 2400」搭載のマザーボードを発表し、このマザーボード搭載サーバの仕様をOCPに提供した。

 arm 1
Qualcomm Centriq 2400 Open Compute Motherboard


 MicrosoftとQualcommは、様々なクラウドワークロードをQualcomm Centriq 2400搭載サーバ上の「Microsoft Azure」で稼働させることを目標にしている。

 arm 2


 Qualcommはまた、OCPにゴールドメンバーとして参加したことも発表した。Microsoftは2014年にOCPに参加している。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す