Twitch、実況者とファンとの交流の場「Pulse」を提供開始



 米Amazon.com傘下のゲーム実況サービスTwitchは3月6日(現地時間)、実況者とそのフォロワー(ファン)のための交流の場「Pulse」(β版)を発表した。同日からすべての実況者に“ローリングアウト”していく。

 pulse 1


 同社は昨年3月、実況者が様々な告知をするためのツール「Channel Feed」(β版)を追加した。Channel Feedは実況者が一方的な告知に使うもので、それに対してPulseは実況者が動画、画像、GIFアニメ、テキスト、URLリンクなどを投稿し、それに対してフォロワーがコメントを付けられる。実況者やモデレーターはコメントを削除できる。

 pulse 2
実況者の投稿に、フォロワーが絵文字での評価やコメントを付けられる


 FacebookのようなSNS機能がTwitchを離れずに使えるということだ。米Google傘下のYouTubeも昨年9月、配信者とフォロワーの交流の場「コミュニティタブ」(β版)の提供を開始している。

 Pulseは立ち上げ段階ではコメントを付けられるのはフォロワーのみ。表示順は新しいものが上になる。将来的にはフィードバックに基いて変更していくとしている。







Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す