iPadの裏面にQWERTYキーボード追加 「T-BLADE」秋に発売へ



 ベンチャー企業のT Solution Japanは、iPadの裏面にQWERTYキーボードを追加できるBluetoothデバイス「T-BLADE」を秋に発売すると発表した。iPadを差し込んで使うケース型のデバイスで、背面入力用のBluetoothキーボードは世界初という。価格は未定。

画像


画像


画像


 「iPad Air 2」と「iPad Pro」の9.7インチモデルに対応。QWERTY配列のパンタグラフ式キーボードを背面に、リターンやスペース、バックスペース、カーソルキーなどを前面に配置し、両手でiPadを持ったまますべてのキー操作を可能にした。

 画面上にソフトキーボードを表示する必要がないため画面を広く使え、一般のBluetoothキーボードと違って入力スペースを確保する必要がない。背面にスタンドを装備し、机の上に置いた状態でも使いやすくした。

 サイズは175(高さ)×273(幅)×20(厚さ)ミリ、重さは約370グラム(予定)。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す