「Google Keep」が「G Suite」のコアサービスに



 米Googleは2月28日(現地時間)、プロダクティビティスイート「G Suite」(旧「Google Apps」)のコアサービスとして「Google Keep」を追加したと発表した。

 Google Keepは、Microsoftの「OneNote」のような、手描きや動画添付にも対応するオンラインメモアプリ。G Suiteのコアサービスになることで、ドメイン内で利用できるようになり、G Suite版Google Docsと連係させられるようになった。

 keep 1


 管理者がKeepを有効にしていれば、ユーザーはGoogle Docsのツールメニューで「Keep notepad」を選ぶことで画面にKeep用のサイドバーを表示し、Keepのメモを表示してそこからコンテンツをコピーしてきたり、Gogole DocsでKeepのメモを編集したりできる。



 keep 2
Google DocsからKeepを編集できる


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す