頭上に浮かぶ“ドローン傘” 利用シーンのアイデア募集



 手に持たなくても、傘がさせる──雨の日に誰もが妄想する“夢の傘”実現に向けて、技術者集団が開発に乗り出している。システム開発のアサヒパワーサービスは2月17日、開発中の手に持たなくていい傘が実現したら、どんな場所で利用したいかのアイデア募集を、スタートアップ支援プラットフォーム「+Style」でスタートした。

photo


 同社が開発中の「free Parasol」(フリーパラソル)は、ドローンの仕組みを活用して空中を浮遊できる傘だ。歩く進行方向にあわせて移動する機能や、備え付けられたプロペラから生まれる風によって、真夏の熱中症対策としての利用も視野に入れているという。

 想定する利用方法では、通常の傘の手持ち部分にあるボタンを押すだけで、搭載されたプロペラが回転して浮上を開始する。製品コンセプトは「できるだけ簡単に、手で持たないように傘をさすこと」(同社)としており、日常の使い勝手の良さを目指す。

photo
試作機(商品ページより)


photo


photo
開発の様子(商品ページより)


 アイデアの募集ページでは、「屋根のない競技場に導入してほしい」「観光名所などで貸し出してほしい」といった意見が寄せられている。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す