よみがえる「地球ゴマ」……「地球ジャイロ」誕生 精度高めた職人魂、1万8000円も人気殺到



産経新聞

 昭和30〜40年代に一世を風靡(ふうび)しながら、一昨年夏に生産が途絶えた科学玩具「地球ゴマ」が、さらに精度を高めた“次世代”の新製品「地球ジャイロ」としてよみがえった。唯一生産を続けていた名古屋市の町工場で働いていた技術職人、鳥居賢司さん(54)が一人で会社を立ち上げ、製品化。1個約1万8千円もするこだわりの商品ながら、納品が数カ月先になる人気だという。(杉森尚貴)

画像
ジャイロ効果により傾いて運動を続ける地球ジャイロ


画像
ボールペンの上で地球ジャイロを回す鳥居賢司さん

 地球ジャイロは外径62ミリ、高さ77ミリ、重さ101グラム。ひもを巻き付けて回すと円盤が高速で回転し、5、6分間も重力に逆らった運動を続ける。地球ゴマと形はよく似ているが、大きく違うのはその「精度」だ。



copyright (c) 2017 Sankei Digital All rights reserved.


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す